美白に良い成分や食品をまとめてみた

美白によい成分と食品

シミを消すためには化粧品でのケアが有効ですが、内側から整えることも大切です。体内では常に活性酸素が発生していて、細胞を傷つけるとシミになります。

 

シミの原因のメラニンを排泄するには、ターンオーバーを正常にする必要があります。食事からきちんと栄養を摂ることでターンオーバーが整います。

 

では、シミによい食事とはどんなものなのでしょうか。

 

ビタミンC

 

ビタミンCには抗酸化力とメラニンを還元する働きがあります。これからできるシミを防いだり、できてしまったシミを薄くします。

 

ビタミンCが多く含まれる食品は、柑橘類、アセロラ、イチゴ、赤パプリカ、ブロッコリーなどです。水溶性ビタミンで熱に弱いので、洗うときはさっと、生で食べるとたくさん摂れます。

 

ビタミンE

 

ビタミンEも抗酸化力が高く、ビタミンCと一緒に摂ると働きを助けてくれます。

 

ビタミンEが多く含まれる食品は、アボカド、ナッツ、かぼちゃ、オリーブオイルなどです。脂溶性ビタミンで油と一緒に摂ると吸収率が高まります。

 

βカロテン

 

βカロテン、ビタミンC、ビタミンEを合わせて美肌によいビタミンACE(エース)といいます。一緒に摂ると美肌効果が高まります。

 

βカロテンは必要なだけビタミンAに変換されて抗酸化力を発揮したり、健康な粘膜を作ります。
多く含まれる食品は、人参、かぼちゃ、ほうれん草などです。

 

リコピン

 

ビタミンEの100倍の抗酸化力があるといわれる美白効果が高い成分です。紫外線から肌を守ってくれます。

 

トマトやピンクグレープフルーツに多く含まれています。トマトのリコピンは、油と一緒に加熱すると吸収がよくなります。夜に摂っておけば、翌日の朝から紫外線から守ってくれます。

 

アスタキサンチン

 

活性酸素から守って老化を防いだり、メラニンの生成を抑制します。アンチエイジング効果が高い化粧品にも配合されています。

 

多く含まれる食品は、鮭、いくらなど色素が赤い食品です。鮭は赤色が濃いものほどアスタキサンチンを多く含んでいます。