自分に合った美白化粧水選び

自分に合った美白化粧水選び

シミを薄くするために美白化粧水を使っている方もいると思います。その化粧品は自分に合っていますか。

 

美白をするには美白成分を配合した化粧品を使うと効果的ですが、自分に合ったものということも大切です。合わないものを使っていると、肌の調子を悪くすることがあります。
どんな化粧水を選べば、肌が白くなるのでしょうか。

 

自分に合った美白成分

 

美白成分の中には、刺激があり使ってヒリヒリするものがあります。

 

ヒリヒリするのは肌がダメージを受けているからです。ダメージで炎症がおこったり活性酸素が発生し、メラニンの生成が誘発されてしまいます。

 

ビタミンC誘導体でヒリヒリ感を感じる方が多いようです。ビタミンC誘導体外にも、エラグ酸、トラネキサム酸、コウジ酸などいろいろな美白成分があるので、ヒリヒリしない自分に合ったものを選んでください。

 

ピーリング剤に注意

 

ピーリングをすると肌の生まれ変わりが促されて、メラニンの排泄が促進します。

 

そのため、美白化粧水にはAHAやフルーツ酸などのピーリング剤を配合したものがあります。

 

乾燥肌や敏感肌の方がピーリングをすると、必要以上に角質がはがれてしまい、乾燥がひどくなるケースがあります。バリア機能が低下するので、紫外線の影響を強く受けるようになり、ますますダメージが大きくなります。

 

乾燥肌や敏感肌の方は、化粧水にピーリング成分が配合されていないことを確かめましょう。

 

保湿する

 

乾燥肌や敏感肌の方は、美白成分と保湿成分を配合した化粧水がおすすめです。保湿をして潤った肌になると、ターンオーバーが正常になりバリア機能が回復して、紫外線に対抗する力がつきます。

 

いろいろありますが、おすすめの保湿成分はセラミドです。もともと肌に存在する成分なのですが、年齢を重ねるとともに減少します。刺激が少なく保湿力が高い成分で、バリア機能の回復を助ける働きもあります。

 

いくつかあるセラミドの中で保湿力が最も高いのがヒト型セラミドです。必要な所に届いて潤いで満たします。